運転免許更新


奈良警察署の免許更新手続き


運転免許更新申請

運転免許更新の申し込みは、運転免許センターまたは橿原警察署を除く各警察署において受け付けています。ただし、更新時講習の区分によって受付時間の取り扱いが異なります。



てんかんや統合失調症と運転免許

運転免許の新規取得や免許証の更新をしようとする際に、一定の病気等にかかっているかどうかを判断するため、公安委員会が質問票や報告書の提出を求める制度が導入されました。
運転免許更新の場合には、通常は申請書とともに質問票が渡され、はい・いいえで答えます。
この場合の一定の病気とは、てんかんや統合失調症など自動車の運転に支障を及ぼすおそれのある病気のことをいいます。
もしも虚偽の記載・報告をした場合には、1年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられます。


強制保険と任意保険

自動車保険は大きくは2つの種類に分けられます。
ひとつは強制保険と呼ばれるもので、自動車を使用して公道を走行する際に、法律によって契約が義務付けられているものです。これには民間の損害保険会社を経由して契約する自動車損害賠償責任保険と、共済組合で契約する自動車損害賠償責任共済があります。
ほかには任意保険と呼ばれるものがあり、これは自賠責保険(自賠責共済)では補償されない部分を補償するものです。最近では交通事故を起こした場合の損害賠償金の額が大きくなっていることから、予防的にこうした任意保険に加入する人がほとんどで、日本損害保険協会の調査では全ドライバーの7割近くが加入しているといいます。


奈良警察署の所在地(地図)・電話番号

名称 奈良警察署
所在地 〒630-8131
奈良奈良県奈良市大森町57-12
電話番号 0742-20-0110


免許更新の申請期間

運転免許の更新手続きは、運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後までの間とされています。ただし、末日が土曜日・日曜日・祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から1月3日)の場合には、これらの日の翌日まで手続きが可能です。
ほかに、海外旅行・病気療養・出産などのやむを得ない事情があり、この期間内での手続きできない人は、期間前に手続きをすることもできますが、パスポート・母子手帳などの理由が証明できる書類が必要なほか、更新後の運転免許証の有効期間は、通常の更新手続きの場合より短くなります。


免許更新の受付時間

運転免許更新の申請手続きができる曜日と時間帯は受付場所によって異なります。
警察署の場合は、

となっています。


免許更新申請の際の必要書類

運転免許証の更新を申請するにあたっては、一般には窓口に次のような書類等を持参する必要があります。
ただし、免許の種類や窓口によっては必要がないものもあります。


免許更新の手数料と講習時間

運転免許更新には更新手数料と講習手数料がそれぞれかかります。
また、講習時間についても優良運転者・一般運転者などの区分によって異なります。

区分 更新手数料 講習手数料 合計 講習時間
優良運転者 2,500円 500円 3,000円 30分
一般運転者 2,500円 800円 3,300円 1時間
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間

↑ ページの最初に戻る