運転免許更新


岸和田警察署の免許更新手続き


運転免許更新申請

運転免許更新の申し込みは、岸和田警察署・門真運転免許試験場・光明池運転免許試験場で行うことができます。
ただし、大阪府内でも大阪水上警察署と関西空港警察署は、ほかの警察署とは違ってこの手続きができません。



免許取り消しの欠格期間

交通違反によって運転免許が取り消しとなった後で、ふたたび運転免許を取得できるまでの期間のことを「欠格期間」と呼んでいます。
この期間についても累積点数や違反の前歴が大きく関わってはます。
たとえば危険運転致死傷などの特定違反行為を理由として免許取り消しになった場合には、前歴がない人は累積点数35以上で3年、累積点数70以上で10年間などの基準が設けられています。
前歴が3年以上の場合は、同じ条件でも累積点数35以上で6年の欠格期間となります。


新たな臨時適性検査制度について

認知機能検査で認知症のおそれがあると判定された高齢ドライバーは、交通違反が有ると無いとにかかわらず、臨時適性検査(医師の診断)を受けるか、又は命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。
これは運転免許更新時の認知機能検査又は臨時認知機能検査において、認知症のおそれがあると判定された場合が該当します。
また、医師の診断の結果として、認知症と判断された場合には、運転免許の取消し等の対象になります。


岸和田警察署の所在地(地図)・電話番号

名称 岸和田警察署
所在地 〒596-0826
大阪大阪府岸和田市作才町1057番地
電話番号 0724-39-1234


免許更新の申請期間

運転免許の更新手続きは、運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後までの間とされています。ただし、末日が土曜日・日曜日・祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から1月3日)の場合には、これらの日の翌日まで手続きが可能です。
ほかに、海外旅行・病気療養・出産などのやむを得ない事情があり、この期間内での手続きできない人は、期間前に手続きをすることもできますが、パスポート・母子手帳などの理由が証明できる書類が必要なほか、更新後の運転免許証の有効期間は、通常の更新手続きの場合より短くなります。


免許更新の受付時間

運転免許更新の申請手続きは、岸和田警察署においては、月曜日から金曜日(休日・年末年始を除く)までの午前9時から午後5時までとなっています。
ただし、優良運転者または一般運転者で郵送交付を希望する場合は午後3時まで、高齢者講習受講済者・特定任意講習受講済者・特定任意高齢者講習受講済者および運転免許取得者教育終了者で郵送交付を希望する場合は午後4時30分までとなります。
また、門真運転免許試験場は月曜日から金曜日(休日・年末年始を除く)までの午前8時45分から正午・午後0時45から午後5時まで、日曜日の午前8時45分から午後5時まで(午後2時30分までに受付をした人の運転免許証は当日交付)、光明池運転免許試験場も月曜日から金曜日までは同様ですが、日曜日の受付はありません。


免許更新申請の際の必要書類

運転免許証の更新を申請するにあたっては、一般には窓口に次のような書類等を持参する必要があります。
ただし、免許の種類や窓口によっては必要がないものもあります。


免許更新の手数料と講習時間

運転免許更新には更新手数料と講習手数料がそれぞれかかります。
また、講習時間についても優良運転者・一般運転者などの区分によって異なります。

区分 更新手数料 講習手数料 合計 講習時間
優良運転者 2,500円 500円 3,000円 30分
一般運転者 2,500円 800円 3,300円 1時間
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間

↑ ページの最初に戻る