運転免許更新


小川警察署の免許更新手続き


運転免許更新申請

運転免許更新の申し込みは、運転免許センターおよび埼玉県内のどこの警察署の交通課窓口でも受け付けています。ただし、埼玉県内の警察署のなかでも、鴻巣警察署は運転免許センターの所在市のため、代わりに運転免許センターで取り扱います。また、各警察署では違反運転者講習と初回更新者講習を受ける人については取り扱っておらず、同様に運転免許センターでの取り扱いとなります。



飲酒運転の基礎点数の引き上げ

飲酒運転等による大事故があとを絶たないことから、現在では以前に比べて基礎点数が大きく引き上げられています。
酒酔い運転の場合は基礎点数が35点、再び運転免許が取得できるまでの欠格期間は3年相当となっています。
呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上に該当する酒気帯び運転の場合は、基礎点数が25点、欠格期間は2年相当です。
呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上の酒気帯び運転は基礎点数13点、停止期間90日相当となります。


運転免許の仮停止処分の対象拡大

運転免許の仮停止の要件は以前よりも範囲が拡大されています。
交通事故現場を管轄する警察署長は、自動車の運転手が、酒気帯び運転又は過労運転等(麻薬等運転を除く)をして交通事故を起こした場合には、人を死亡させたときに加え、人を傷つけたときにも仮停止をすることができることとなりました。
これまでは酒気帯び運転又は過労運転等については、死亡事故に限って運転免許の仮停止処分ができるのが原則になっていました。


小川警察署の所在地(地図)・電話番号

名称 小川警察署
所在地 〒355-0321
埼玉埼玉県比企郡小川町大字小川344番地
電話番号 0493-74-0110


免許更新の申請期間

運転免許の更新手続きは、運転免許証の有効期間が満了する日の直前の誕生日の1か月前から誕生日の1か月後までの間とされています。ただし、末日が土曜日・日曜日・祝日(振替休日を含む。)及び年末年始(12月29日から1月3日)の場合には、これらの日の翌日まで手続きが可能です。
ほかに、海外旅行・病気療養・出産などのやむを得ない事情があり、この期間内での手続きできない人は、期間前に手続きをすることもできますが、パスポート・母子手帳などの理由が証明できる書類が必要なほか、更新後の運転免許証の有効期間は、通常の更新手続きの場合より短くなります。


免許更新の受付時間

運転免許更新の申請手続きは、警察署では平日(月曜日から金曜日)の午前8時30分~午前11時00分、午後1時00分~午後3時30分となっています。
運転免許センターでは平日および日曜日の午前8時30分~午前11時00分、午後1時00分~午後3時30分となっています。ただし、運転免許センターで違反運転者講習または初回更新者講習を受ける場合に限っては、時間帯が午前8時30分~午前11時00分および午後1時00分~午後2時30分となります。
また、運転免許センターで当日撮影ではなく、持参した写真で新しい運転免許証を作成したい場合は、例外的に、火曜日から金曜日の午前9時30分から午前10時までの指定された時間となります。この場合は事前予約も必要ですので、くわしくは公安委員会からの更新のお知らせを参照してください。


免許更新申請の際の必要書類

運転免許証の更新を申請するにあたっては、一般には窓口に次のような書類等を持参する必要があります。
ただし、免許の種類や窓口によっては必要がないものもあります。


免許更新の手数料と講習時間

運転免許更新には更新手数料と講習手数料がそれぞれかかります。
また、講習時間についても優良運転者・一般運転者などの区分によって異なります。

区分 更新手数料 講習手数料 合計 講習時間
優良運転者 2,500円 500円 3,000円 30分
一般運転者 2,500円 800円 3,300円 1時間
違反運転者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間
初回更新者 2,500円 1,350円 3,850円 2時間

↑ ページの最初に戻る